YUKIYO SWIFT -Official Site-

PROFILE

6歳からピアノ、10歳からトランペットを始める。15歳でオーストラリアに渡り、メルボルンのRingwood Secondary College、Boxhill Institute在学中にクラシックピアノ、ミュージックパフォーマンスを専攻。

帰国後Blue Mitchellの”I’ll Close My Eyes”に衝撃を受けジャズトランペットを始める。

音楽活動をしながらブルーノート東京でホールスタッフとして働きだし、たくさんの一流アーティストの演奏を生で聞いて、さらに直接アーティストを話をしてコツやアドバイスを聞き出した。

ジャズトランペットを岡崎好朗、Neil Stalnaker、Kimbal Brown、ビッグバンド指導をJonathan Katzと吉田洋輔、ジャズ理論をAndy Wulf各氏に師事。

現在、パーカッショニストのクリストファー・ハーディの元でアラブのリズムを勉強中。日本各地の音楽フェスティバルやコンサート、Kento’s、ロックバンド、ジャズクラブで演奏。

2020年2月に自身のファーストアルバムをリリース予定。

Yukiyo Swift started playing the piano at the age of 6 but she enjoyed performing trumpet in a school marching band when she first started playing the trumpet at the age of 10 in elementary school. It became her passion. In high school, Yukiyo studied music in Australia mainly classical piano.

After Yukiyo came back to Japan, She heard Blue Mitchell’s “I’ll Close My Eyes” and she was shocked how beautiful Jazz Trumpet could be.

She also studied Jazz with many great musicians in Japan and from the U.S.A.

Now, Yukiyo is known as a bandleader/ arranger/composer as well as a trumpeter.